週刊炒飯《チャーハン》

週刊炒飯《チャーハン》南相馬市原町区♯08_高見食堂

「高見食堂」にLetgo!!

今週も始まりました週刊炒飯です。

今回は「高見食堂」というお店に御邪魔させていただきました。今回も始めてはいるお店です。席はテーブル席・お座敷に分かれており、私達はお座敷へ。店内にはメニューが多く貼られていたり、使用している卵について壁に表記されていたりします。卵にはこだわりがあるらしく、店員さんに「うちの卵はいいもの使ってるからね!」と一言。ハムエッグ・炒飯に使われている見たいです。これは食べねば!

では、本日のメニューを確認。

炒飯に玉子がのる!

今回は炒飯に玉子がのるかのらないかになります。味付けは一緒みたいです。なので私は、炒飯大の玉子2個をチョイス。サイドメニューでハムエッグも頼みました。青田は店で人気の高見ランチ(種類多数 今回はエビフライ・から揚げ・ハムエッグを選んでいます)をチョイス。

こちらが今週の炒飯だ!

炒飯大(玉子2ヶ)950円

サイドメニュー ハムエッグ250円

こちらがお店オススメの「高見ランチ」だ!

高見ランチ(エビフライ1本・から揚げ2ヶ・ハムエッグ1ヶ)900円※種類多数あり!!

ではいよいよ実食。

それでは皆さんご一緒にいただきます!!

味付けは大変濃い味付けです。醤油ベースではなく、塩コショウ仕立てです。塩コショウが大変効いており、それを中和してくれるのが玉子です。黄身は半熟トロリ、味には深みがあり濃厚です。ベストなマッチング!具財はネギ、かまぼこ、チャーシュー。紅しょうがも脇に添えられております。炒飯が濃いので、スープは大変あっさりの中華スープ。いいですね。味付けのバランスがちゃんと取れています。今回も5分程度で完食(サイドメニュー込み)

今回で8軒目。久しぶりに濃い炒飯でした。「尚ちゃんラーメン」以来ですね。ただ、今回は味付けが塩コショウベースだったので、「尚ちゃんラーメン」の様な醤油ベースではなかったです。濃い炒飯といっても味付けの違いで味がガラッと変わりますね。塩コショウ派か醤油派かで好き嫌いがでると思います。私はどちらかというと塩コショウ派なので好みの味付けでした。皆さんも是非訪れてみてください。

動画↓↓↓

今回お世話になりました。「高見食堂」詳細です。

住所:〒975-0033 福島県南相馬市原町区高見町2丁目193

地図URL: 高見食堂はコチラ!!

営業時間:昼11:00~14:00

定休日:日曜日・祝祭日

お問い合わせ:0244-24-4133

稲村 佑樹

積算&チャーハン担当 稲村 佑樹

お客様に満足いただける積算や見積もりに日々奮闘しています。 アイリスホームでは一番の若手で、力仕事から事務処理まで何でもやれる我が社のマスコットキャラクター的存在。実は知的好奇心が強くって責任感も人一倍!彼は人と約束したことをキッチリ守ってくれます。