• 資料請求
  • 土地情報請求
  • 注文住宅レポート
  • お問い合わせ

ZEHへの取り組みについて

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)とは・・・

ZEH

ZEH《ゼッチ》とは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備により できる限りの省エネルギーを実現し、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支がプラスマイナス「ゼロ」を目指す住宅の事を言います。

日本国政府が定めた「エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)」においては、ZEHの実現・普及について、
2020年までに、標準的な新築住宅でZEHを実現
2030年までに、新築住宅の平均でZEHを実現
上記の様な目標値を設定して、国をあげて取り組んでいく事になりました。

アイリスホームは、以下の通り2020年度に向けたZEH普及目標を策定いたしました。

ZEH目標値(新築注文住宅)

平成28年(2016年)…10% (実績 0%)
平成29年(2017年)…30% (実績 12%)
平成30年(2018年)…30%
平成31年(2019年)…50%
平成32年(2020年)…50%


【1】ZEHの周知・普及に向けた具体策

・ZEHに対するお客様の周知や理解度を深めるため、見学会などを通じてパンフレットの配布や、施主様宛にDM発送し、普及に努めます。
・地域性を考慮しながら、当地域におけるZEHの仕様、施工基準を決定し金額を含めお客様に分かりやすいように提供します。
・ZEHのセミナー、関連する事柄の勉強会などに参加しZEH住宅に対する自社基準を向上させます。

【2】ZEHのコストダウンに向けた具体策

・建材・施工の明確な規格化をすることで、ZEH住宅のパッケージ化を図り、施工性による品質安定と無駄の無いコストのかけ方でお客様への負担を軽減します。
・サッシは数量や開口面積を考慮し設計基準を決めて外皮性能をクリアする基準を定める。
・設備性能に対してはパッケージ化した物を定期的に改定を行い、性能と価格の両方を追求していきます。

【3】その他の取り組みなど

・単に一次エネルギー消費量をクリアするだけでなく、パッシブ性能や気密性といった関連項目からの視点を持ち、実質的な住宅計画に努めます。
・ZEH住宅だけでなく自社商品に対しても品質向上に努め、全体的に住宅のレベルが上がるよう努めます。

ZEHへの取り組みについて

TOP