10年保証について

10年保証について

建設会社を選ぶ重要なポイントのひとつ! 建物完成引渡保証制度

家は人がつくるものです。人がつくる以上、絶対に失敗がないとは言えません。だからこそ万全を期すために、そしてお客様に安心して生活していただくためにアイリスホームでは第3者機関による保証制度を導入しています。

また定期点検を含めたメンテナンスは一級建築施工管理技士の資格を持った専任の社員が担当します。営業マンや現場監督が本来の仕事の片手間で行なえるような仕事ではないからです。

また日本住宅保証機構(JIO)の住宅性能保証制度によりは、登録された住宅供給事業者(登録業者)が10年間の保証を適正・確実に実行できるよう、現場審査を受け、保険が適用されています。有料メンテナンスを受ければ更に10年延長保証されます。

家は建てて終わりではありません。 日頃の適切なお手入れによって、新築時の良い状態を長く保つことが出来るのです。

万が一、建設会社が完成前に倒産してもマイホームを確実に手にできる安心の制度!

住宅の建築途中に、建築会社が倒産等で契約を覆行できなくなっても、お客様に対して完成引渡しまでを保証する制度です。ビルダー共済が窓口となって、制度の管理・運営を行っています。

建物完成引渡保証制度の仕組み

建物完成引渡保証は、建設工事請負契約書に基づく「建設本来の未完成部分の完成」を保証します。

ビルダー共済会会員の倒産等による不測の事態で、建築工事がストップした場合、ビルダー共済会がお施主様に代わって、継続工事のための調査や業者の選定、追加費用の負担等をお引き受けします。建物完成引渡保証証書の条件通りであれば、お客様は当初の建築工事請負契約書以上の負担はありません。

保証例のご紹介

ビルダー共済会会員の倒産等による不測の事態で、建築工事がストップした場合、ビルダー共済会がお施主様に代わって、継続工事のための調査や業者の選定、追加費用の負担等をお引き受けします。建物完成引渡保証証書の条件通りであれば、お客様は当初の建築工事請負契約書以上の負担はありません。

新築住宅購入を安心・安全に 10年保険(瑕疵担保責任保険)

瑕疵(かし)担保責任の「瑕疵」とは、物に欠陥があること、すなわちその物が備えていなければならない一定の性質、性能を有していないということです。

瑕疵担保責任とは、生活するうえで重大な欠陥(「雨漏りがする」「床が傾いた」)があったとき、10年間は無料で補修することができます。アイリスホームでは、国土交通大臣より指定を受けた住宅瑕疵担保責任保険法人 JIOの「JIOわが家の保険」に加入をしております。

保険の詳細につきましては、JIOのホームページをご覧下さい。