tab tab
  • 2019.02.23

    稲村が語る人気の住宅アイテム_vol.02サニタリー編_2019年2月現在
    こちらでは、稲村の心を打った商品!!をご紹介

    今回も、実際にお客様の家で取り入れた商品に対して私が大変興味をひかれたものが題材になっております。私の個人的な見解も多々含むことになると思いますが、温かい目で見守っていただけると助かります(^^)では、さっそくご紹介させていただきます。

    衣類乾燥機について

    「今時、洗濯機と衣類乾燥機が別かよ!」との声もあると思いますが、色々調べるとこのようなことが分かってきました。
    〇「時間の効率化」・・・洗濯機・乾燥機一体型だと乾燥するまで次の洗濯物ができません。子沢山で休日に洗濯をパッと終わらせたい方はコチラがオススメです。
    〇「ホコリの溜まり」・・・ドラム式限定。乾燥するのにあたってホコリが溜まるのは避けられません。ですがドラム式だと複雑な内部構造の為、フィルターにいくまでにホコリが内部に詰まったりします。この場合掃除業者を呼んで掃除してもらうレベルです。乾燥機のみだと構造が簡単な為かフィルターさえ掃除していればOKです。
    〇「乾かすとムラができる」・・・縦型洗濯機限定。同じ方向にぐるぐる廻すのでシワ・ムラが出来やすいです。乾燥機のみだとそういったことはないのでいいですね。
    こちらが衣類乾燥機のみの利点ですね。まぁ別途に購入すると金額の面では倍ぐらい違ってくるのでそこは欠点になります。
     

    乾燥機の種類

    乾燥機の種類としては、「電気式」・「ガス式」が存在します。
    〇「電気式」・・・ドラムの温度が上げるのにヒーターを使用。洗濯物を乾燥させます。電気式ヒーターを採用。価格の面では安いし家電量販店で売っているものはこの手の物が多いですね。ただし乾くスピードや、乾燥した衣類のふわふわ感は違います。(あくまで私の個人的な見解です)
    〇「ガス式」・・・ドラムの温度が上げるのにヒーターを使用。洗濯物を乾燥させます。ガス式ヒーターを採用。まず熱量・乾燥具合が違います。コインランドリーの大型乾燥機はほぼガス衣類乾燥機を使用しており、それを聞くだけでそれを家庭でも試してみたいとなるでしょう(^^)ただ先程電気式でも述べましたが、金額の問題になってきます。オール電化希望の方にもオススメできません。(あくまで私の個人的な見解です)
    私個人的にもガス衣類乾燥機をオススメしたいところです。本体の金額・光熱費は掛かりますが、やはり衣・食・住の衣の部分に関わってくることなので、、、やはり快適な仕上りや、除菌の観点からも考えてコチラの方が断然オススメです。(あくまで私の個人的な見解です)
    以上になりましたが、如何だったでしょうか?私の個人的意見で、皆さんのお役
    に立てたのなら幸いです!!

    この記事を書いた人

人気のあるブログ

PAGE TOP