工務店スタッフブログ

仕方

トピックス項目

ルール

いつ頃からか、社会のルールや常識のようなものがあって
その枠組みの中で生きているようになる。
ご飯の食べ方、挨拶の仕方、服の着替え方。
一つずつ両親が教えてくれたもの。
生まれて間もない僕が歩こうとするのを
支えて歩き方を教えてくれたのだろう。
学校に通うようになって、字の書き方や読み方
他の人とどういう風に付き合うかを学ぶ。
僕は内気で本当は人に嫌われるのが怖くて
言ってはいけないこともあると学んだのもその時。
そうやって人は色々なことを学んでいく。

社会

我慢しなきゃいけない事。協調してやっていく事。
心を育んで、自我が確立していくのは
自分だけじゃなく、周りの影響もある。
2月も末で3月がくる。
年度が終わり、新しい年度が始まる。
始まれば終わりが来て、終わりは新しい始まりになる。
小学生は中学生に、中学生は高校生に、高校生はそれぞれの道に。
今までの自分にさよならと手を振って
新しい自分と向き合う時が来る。
新しい生活への期待と不安。親しい人との別れ。
けれどそれは新たな始まりなのだ。
今までのものを糧に、新しい世界へ。
壁に当たって落ち込むこともあるだろう。
どうしても辛くて、投げ出したくなるかもしれない。
自分が変わらなくてはいけない時。
変わって、その壁を乗り越えなくてはいけない時。
人は今までの自分にさよならの仕方を覚える。
新しい自分はすごく不安定だけれど
それはまぎれもないあなたなのだから。
ただ、これだけはあなたの心の片隅に持っていて欲しい。
人はそれぞれ助け合って生きていて
決して一人ではないということ。
あなたが誰かを見ているように
誰かがあなたを見ていてくれる。

カルマ

カルマという言葉がある。
仏教の言葉で、良い事も悪いことも含めて
行いは必ず自分に還ってくるという考え方。
僕は、あながち間違っていないと思う。
もし、今辛く悲しい人が周りにいたなら
決して押し付けずに少しでもいいから
そっと手を差し伸べてあげて欲しい。
少しでも、その人には救いになるはずだから。
そしてそれを見ている誰かが
あなたが悲しいときにそばにいてくれるだろう。
世の中は捨てたものじゃないと、少なくとも僕はそう思いたい。

石崎 幸崇

設計士 石崎 幸崇

打合せではお客様の気になることや質問に多彩な知識で応えてくれます。。 多彩な趣味を持っていて分からないことがないのでは?と思えてくるほどです。どちらかというと知的な女性を好む(K談)、マイペースで自分をもっている(T談)

スタッフからのおすすめ記事