マガジン

浪江町Y様邸現場レポート

皆さんこんにちはアイリスホームの三階です。
ひと雨ひと雨少しずつ秋に近づいていますね。
秋のことわざに
「女心と秋の空」と良く耳にしますが
あまり変わらない女性も多いいですよ(笑)

これからの季節雨が多く基礎工事や建て方(上棟)など天気予報に敏感
てるてる坊主を作ってしまいます。※結構おちゃめな三階です(*^-^*)

浪江町にて建設中のY様邸の基礎工事が徐々に進んでおります。
先日、基礎工事で一番大切な配筋検査の立ち合いをしてきました。

浪江町Y様邸配筋検査の立ち合いをしてきました。

一戸建てのさまざまな工程の中で、最も問題が起きると直しにくいのは基礎コンクリートです。

基礎が傾いていたり歪んでいたりしたら、上の建物がどれだけ良い工法であったとしても、良い建物にはなりません。

基礎は建物にとって、とても重要なものなのです。

アイリスホームでは第三者機関JIOさんでの厳しい検査を受けます。

配筋検査ってどんなことするの?

基礎の鉄筋のピッチ(間隔)、コンクリートのかぶり厚さ、人通口の補強筋、鉄筋と鉄筋のつなぎの長さなどを細かくチェックします。
今回は写真を載せわかりやすくしてみました(*´▽`*)

コンクリートを流してしまうと見た目わからなくなってしまいます。
見えないところこそ慎重に検査をし、不合格ならすぐに改善です。
合格だとコンクリート打設になります。
今回も見事に1発合格です。(*´▽`*)

アイリスホームでは、業者さんの目とアイリスホームの目、そして第三者機関の目で建物をお引渡しまでチェックしています。

三階 真紀

設計担当 三階 真紀

間取り・外観・内観イメージなどCADを操り自由自在に作成します。 社内の仕事を多岐にわたりこなすパワフルウーマン。北海道生まれだという説もある◎