tab tab
  • 2018.11.13

    火入れ式-南相馬市小高区T様邸-
    火入れ式にお邪魔してきました

    先日、南相馬市小高区のT様邸で火入れ式があるということで、お邪魔してきました。
    火入れ式に参加するのは初めてなので、ドキドキです。
    そもそも火入れ式とは、
    家の隅々を祓い清め、新しく神棚を設け、家の神様にお鎮まりになっていただくための式です。
    そして、家族が永く幸せに暮らせるようご祈願します。
    では、さっそくその模様をお届けいたします!

    お供え物をして、準備万端!

    お供え物はこちら。
    一般的には、
    ①海のもの(スルメや昆布など)
    ②実のなるもの(りんごやみかん、バナナなど)
    ③根のあるもの (大根・ニンジン)
    ④一升瓶のお神酒
    ⑤お塩
    ⑥お水
    などを用意します。各地域や神社によっても違いがありますので、お願いする神社に問い合わせると安心です。

    祝詞

    宮司様に祝詞をあげていただき、二礼二拍手一礼にて拝礼します。
    宮司様が大麻を振ると、「シャッシャッ」という音と共に、空気が引き締まる感じがしました( ^ω^ )

    弊社社長も一緒に

    その後はT様ご家族、そして弊社スタッフも一緒に玉串を納めていきます。
    「ご家族が末長く幸せに暮らせますように!!」
    と、心を込めて神様へご挨拶。

    流し、コンロを火打ち石の切り火により清め、その後はリビングダイニングから各部屋すべてをお祓いしていきます。
    目に見えた火花は一瞬で、小さく見えましたが、写真で見るととても大きく神々しいです( ゚д゚)!!

    各部屋抜かりなく

     
    エレベーターや、ベランダまで各スペース抜かりなくお祓いしてくださいます。
    その後はお家の玄関から外側をお祓い。
    お施主様に建物の4隅にお塩とお水をまいていただき、火入れ式は終了です。
     
    お施主様も、「お家の計画が始まってから工事の完工までを思い出して、感無量です」という話をいただきました。
    これから新しいお家での暮らしが楽しみですね!
     
     
    今回は、ちょうどお庭の木々が色づき、紅葉の綺麗な時期の火入れ式でした。
    T家のみなさま、撮影をさせていただきましてどうもありがとうございました!!
    素敵なお家でご家族末長く幸せに暮らせますように♪
     

    この記事を書いた人

人気のあるブログ

PAGE TOP