tab tab
  • 2018.06.12

    週刊炒飯《チャーハン》南相馬市原町区♯06_あじくら
    「あじくら」にLetgo!!

    今週も始まりました週刊炒飯です。
    今回は「あじくら」というお店に御邪魔させていただきました。私は個人的に何回か御邪魔していますが、こちらで炒飯を食べるのは始めてです。いつもはラーメン関係を食しています。特に「閻魔ラーメン」。これこそ旨辛の代名詞といっても過言ではありません。今回も炒飯の合間に食します。「太るんでないの…?」皆様そう思われるでしょう。ですが私には「関係ないね!」(柴〇恭〇風)。今日はガンガン食べていきます!
    では、本日のメニューを確認。

    種類が豊富。そしてあるものを発見!

    種類は豊富です。中華飯・天津飯等がメニューには混じっていましたが、現状見る限り9種類です。そこにはなんと「閻魔炒飯」がありました。これはいかねば漢(オトコ)が廃る。なので私は今回「閻魔炒飯」を食します。勿論大盛りです。青田・石崎は「牛肉炒飯」大盛りを食します

    こちらが今週の炒飯だ!

    左:閻魔炒飯 700円(税別)
    右:牛肉炒飯 750円(税別)

    こちらが「閻魔ラーメン」だ!

    これですよ、いい具合の赤さ加減です。
    閻魔ラーメン 850円(税別)

    ではいよいよ実食。(ダブル閻魔への挑戦)

    それでは皆さんご一緒にいただきます!!
    炒飯は確かに辛いですが、凄まじく辛いという訳ではなく丁度いい辛さになっていて、普通に食べられます。白菜のキムチが入っています。キムチ炒飯の様な感覚です。(あくまで私の個人的な見解です)汗をかきながら黙々と食します。後を引く旨辛さで、次から次に口に運んでいきます。大変私好みで、大盛りなのにあっという間に完食。大体3~4分程度、大盛りでは最速の早さです。
    続いてはラーメンです。やはり辛さが違います。とにかく辛い、でもそこには旨さがあり、ただ辛いだけではないです。鼻水と汗がとまらない!ですが一口一口確実に奴を追い込んでいきます。ここでNGなのは、水を飲んではダメ。飲んだら最後、食べられなくなります。勢い良く吸ってもダメ。大変咽ます。この2点は必ず守りましょう。具と麺は完食。スープは無理でした。無念!
    今回で6軒目。今回はいつもと違い、趣向を変えて「辛いもの」中心の企画でした。始めての試みでしたが、私自身面白く・楽しくやらせていただきました。またこういった趣向を変えたものにも、チャレンジしていけたらなと思います。皆さんも是非訪れてみてください。
    動画↓↓↓

    番外編 閻魔ラーメンにチャレンジして...。

    Before:石崎〉ちょっとスープ飲ませて。
    After: 石崎〉ギャー!!

    番外編 以前頼んだ裏メニュー!

    以前飲み会の席で頼んだ裏メニュー。辛さ300倍閻魔ラーメン。レベルが違います!!!最強...いえ、最凶です。

    今回お世話になりました。「楽楽中華 あじくら」詳細です。

    住所:〒975-0031 福島県南相馬市原町区錦町2丁目68-6
    地図URL: 楽楽中華あじくらはコチラ!!
    営業時間:平日 昼11:00~14:00、夜17:00~22:30(ラストオーダー22:00)
    土・日 昼11:00~14:00、夜17:00~21:30(ラストオーダー21:00)
    定休日:無休
    お問い合わせ:0244-22-6030

    この記事を書いた人

人気のあるブログ

PAGE TOP