tab tab
  • 2020.11.25

    原町区雫K様邸現場レポート
    丁張作業開始

    昨日まで日中暖かったのに今日は寒くなりましたね。
    一雨一雨寒くなるのですね。

    原町区雫の現場では基礎工事前の丁張作業が始まりました。

    敷地からどの辺に家建てるのか図面と同様に敷地へ基礎の高さと位置を示す印をつけます。

    杭を打つよ

    建物には地盤の固い土地が良い
    だがしかし、杭打ち作業は地盤が固いと大変なんですよ(~_~;)
    そこは、プロなのでガンガン打つんですよ。
    あっという間に30本です。
    打った杭には基礎の高さにヌキを打ちます。

     

    ポイントからかねてを計るよ

    建物のかねてを計ります。
    ※直角のことを矩(かね)といいます。
    今回はカネピタを使いましたよ。
    カネピタって何ですか?(おおがね巻き尺とも言います)
    直角のことを矩(かね)といい、やり方(丁張)を出すときに、直角を出すために使う巻き尺です。

    丁張(やり方)完成!

    矩(かね)の位置がわかると後は基礎の芯に墨だし(位置の印を付ける)です。
    寸法を間違えないように慎重に印をして完成です。

    これで基礎工事に入れます。
    天気が良いことを祈るばかりです(#^.^#)

    この記事を書いた人
    三階 真紀

     三階 真紀

    間取り・外観・内観イメージなどCADを操り自由自在に作成します。 社内の仕事を多岐にわたりこなすパワフルウーマン。北海道生まれだという説もある◎

人気のあるブログ

PAGE TOP