工務店スタッフブログ

手紙

手軽に

今は誰もがポケットにある電話で
すぐに連絡をとることができる。
アプリを立ち上げて言葉をなげると
相手にたちどころに届く
コミュニケーションや人間力などと
騒がれて久しいけれど
言葉を投げ合って進んでいく
現実がそこにある
それは決して悪いことではないし
便利になった物も多いけれど
僕は少しだけ人の感情や心が
スピードに置いて行かれている気がする

置いていくのは

聞きたいことがすぐ聞ける
話したいことがすぐ話せる
けれどそれは「繋がっているんだろうか?」
アプリの文字のやり取りには
どこか無機質なものがあって
感情や情感が少ししか伝わらない
相手のどんな顔をしているか
それは少し空っぽなやり取りで
人の心の根っこの部分を
分かったような気になってしまうのが怖い。

伝えよう

メールやチャットが当たり前になって
今、手紙がくるのはとても少ない
けれどそれらが無かったころは
誰かから送られてくる手紙は
立派なコミュニケーションの手段だった
あの人は元気だろうか?
毎日楽しくやれているだろうか?
そんな思いを手紙は魔法をかけてくれる。
そこには情が、よりそったものがあると思う。
僕はものの数秒で送る言葉よりも
時間のかかる「伝えたいこと」を送りたい
ある設計事務所さんでは
図面を送る際はFAXやメールは禁止で
必ず郵送するというルールがあるという
理由はFAXやメールでは線がぼやけて
線が伝えるものが失われてしまうからだとか
メールでもそうなのかという思いはあるけれど
綺麗に印刷された生の図面には
実は多くの事を相手に伝えるので
実際にそれを紙面で知ったときに納得してしまった
僕はケータイが普及し始めた頃の世代
誰かに手紙を書いた経験は少ない
けれど大事なのは「既読」では無くて
本当の意味で相手に伝えること
伝えることは、とても難しい。

石崎 幸崇

設計士 石崎 幸崇

打合せではお客様の気になることや質問に多彩な知識で応えてくれます。。 多彩な趣味を持っていて分からないことがないのでは?と思えてくるほどです。どちらかというと知的な女性を好む(K談)、マイペースで自分をもっている(T談)

スタッフからのおすすめ記事