tab tab
  • 2019.01.18

    アイランドキッチンの利便性について
    アイランドキッチンにしての利点

    皆さんあけましておめでとうございます。新年一発目のブログになります!!
    さて、皆さん「アイランドキッチン」という言葉を耳にしたことはあると思いますが、具体的な定義は?どういったデザインのものがそう言われるのか?アイランド→島という意味です。つまり壁から離れた場所、島のように独立しているシンク+作業台を「アイランドキッチン」といいます。
    この「アイランドキッチン」の利点は、
    ①壁に接していない独立した形なので通常のキッチンより開放感があります。
    ②開放感があるので複数人が行き来できる。家事動線がスムーズ。
    ③対面式になるので、奥さんが孤独にならずコミュニケーションが取りやすくなります。
    デザイン性に優れているキッチンのイメージがありますね!!

    アイランドキッチンにしての欠点

    「アイランドキッチン」の欠点は、
    ①壁がない分、キッチンが丸見えになる。
    ②壁がない為、湯気や臭いが拡散して広がりやすい。
    ③余裕のある空間作りは、広いスペースが必要になります。
    ④収納スペースが通常のキッチンより少ない
    ⑤値段が高い(キッチンのデザイン面・換気扇が中央になったりするので)
    こちらの欠点をふまえておくのも、購入する上ではいいですね!!

    今回の見学会でも使用しております!

    今回の見学会でも「アイランドキッチン」を使用。パナソニックの商品を使っております。デザイン面に優れている、オシャレなキッチン!(現状施工中の写真になります!)
    見学会の情報が知りたい方は、下記のURLをクリック!!
    ↓ ↓ ↓
    https://irishome.jp/magazine/tour-event/tour/yukako-t/11713

    補足

    ちなみに「アイランドキッチン」は、「対面キッチン」ともいいます。そもそも「対面キッチン」の定義が、ダイニング側を向いている対面式のキッチンのことを言いますので、「アイランドキッチン」もこれに含まれます。
    「対面キッチン」にも色々と種類がありまして、なかでも多いのが「ペニンシュラキッチン」。ペニンシュラ→半島という意味です。どちらか左右が壁に接しているタイプ。最近のニーズなので採用しているハウスメーカーさん・工務店さんも多いです。弊社もこの手のキッチンは何度も施工しています。

    この記事を書いた人

人気のあるブログ

PAGE TOP