工務店スタッフブログ

2019年 新年あけましておめでとうございます。

仕事始め!

 

昨年は29日〜2019年1月6日までとゆっくりとお正月休みをいただきました。本日7日より通常営業をさせていただいております。職人さんたちは七草粥の7日までお休みで8日から全ての職方が仕事始めとなります。全現場の安全確認や職人さんたちとの現場運営の確認をさせていただき本年の仕事始めとさせていただきます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

お客様と共に喜びを!

 

私たちアイリスホームは南相馬市で育った小さな工務店です。これまで数多くのお客様と共に家づくりを通じて、悩み・考え・喜びを分かち合ってきました。家づくりはその家族によりそれぞれのストーリーがあり展開も様々ですが、それらを受け止められるようスタッフと共に日々磨きをかける事が大事だと意識し、この南相馬(相双地域)のお客様の思いを叶える者であるべきと頑張っています。

また、その思いを私たちアイリスホームと関わる全ての関連協力会社が共に切磋琢磨し情報や技術を交換しあい共により良い家づくりをする事に喜びと責任を持ち、日々努力を惜しまない事がお客様からの最高の”喜びを”いただけることを念頭に仕事する事によってお客様に生かされていることを自覚し、感謝を持って仕事に励んで社会貢献に取り組む事が全ての喜びに繋がると考えています。

 

 

ちょっと昔話。

 

私が不動産・住宅業界へ関わるようになったのはバブル崩壊からの大不況時代。今から24年前のことです。これまでの時代の流れを思い起こすと色々な事があってその時々の荒波をどう乗り越えるかを必死に考え抜いてきました。その時この業界に入って思ったのはバブル絶頂の時は黙っていても住宅は飛ぶように売れていて営業マンが苦労せずとも消費された時代でした。私はバブル崩壊後この業界に入り、いくら値段を下げようが売れない時代に必死でもがいていました。

 

 

”物”売りでは淘汰される時代

 

私はバブル好景気を働いて実感した事がないのでどうゆう事かはあまり実感がありませんでした。不景気なのでお願いセールスをしながら契約をしてこいなど色々とあまりためにならない事を教えられてきましたが、どうしても納得ができなくて「どうしたらお互いが喜び合ってお家や土地を買っていただけるか!」を真剣に考えました。

当時は不動産屋が”土地を売ってやる”みたいな高飛車(不景気で売れなくて困っているくせに)で変な業界だなーってほんと思っていました。後でわかってきたのですが安売りしようにも銀行の借金があるために安売りできないのと弱い側面を見せると値引き交渉されるのが嫌で意地を張っていたようです。不景気で物件は沢山ありました。不動産情報誌を編集していましたので多い時には130件以上の物件を扱っていました。

また、銀行も今のような低金利でもなければ自己資金が必ず20%必要でなかなか用意できる方もいなく大変でした。これまでの私はお客様のご要望をまとめ形にするのは、「地主との交渉+銀行の交渉+お客様の資金計画」を全てクリアにするためには大変な時間と労力を駆使していました。バブル崩壊後は特に担保力重視となり金融機関の審査は時間もかかり、必要書類も揃えるだけで大変なものでした。

そんな中、現在の東北ろうきん(当時は福島ろうきん)が100%+500万円付きの住宅ローン制度を始める事を知りこれまでの全てが一変しました。事前審査の用紙に記入し簡単な書類のみで審査結果を7日以内にお知らせしてくれたのです。

 

 

”事”を一生懸命考える事により、お客様から1番の喜び(信頼)を頂けるか!

 

当時の不動産屋さんというと全てではありませんが「土地が欲しければお金を用意してきてください。えっ銀行融資ってどうすればいいって?そんなの銀行に聞いてくれ!」というのがまだまだ多い時代でした。(今ってほとんどのお客様って建築会社から不動産情報を頂くのが当たり前のように思っているのではないのでしょうか?それがもう当たり前なのですけれど!)

私の中の基本「物+事」物事。

”物”は土地もそうですけれども建築資材などや住宅ローンも物と分類しプロであるからには常にアンテナを張って情報を整理しいつでも最善のものを提供する事が当たり前と考えます。

”事”はそれぞれのご家族様の不安や悩みを取り除いてあげられる事がプロとして提供できる事と考えています。

これまでの建築業界・不動産業界・金融業界ってそれぞれが一丸となってニーズにあった事を考えていなかったため不景気脱却になかなか大変でした。その中でも金融(融資)が一番難しい時代でしが、「物+事」が融合できた事によってお客様から大きな支持を得られたと今でも思っています。

それからは、お客様に寄り添った的確な資金計画をし、不動産(土地)の適正価格のご提案と、住宅の夢プランの実現に一生懸命提案する事によってお客様の満足を最大限引き出す事を喜びとしてご提案を続けています。

私たちアイリスホームは南相馬市(相双地域)で生まれ育った小さな工務店です。

この地域のことを一番に考えて皆様と共に喜びあうパートナーでありたいと願っています。

 

 

これまでも、これからも。

経営理念は

お客様の「喜び」を第一に考え、

利益は喜びと責任と信頼から生まれると考え、

私達とお仕事に関わる全ての人に幸せになってほしいと願い、

その喜びを実現に支える存在として常に進化し続け地域に貢献する。

2018.1.7

株式会社 アイリスホーム

代表取締役 佐久間 岩男

社員一同

南相馬市原町区本町1丁目1

三嶋神社にて

 

 

佐久間 岩男

代表取締役 社長 佐久間 岩男

アイリスホームの代表取締役社長であり、同時に「何でもします課」を自ら公言している。実直な性格だが(見かけによらず)同乗者にあたたかい飲み物を事前に用意しているやさしさを併せもっている。南相馬で生まれ南相馬で社長になった南相馬純血。実は24歳から社長業に勤しんでいるので社長歴20年のキャリアをもっている。とても人情豊かな社長である。

スタッフからのおすすめ記事