0120-91-3838 〒975-0061
福島県南相馬市原町区大木戸字金場10-1
原ノ町駅よりタクシーで8分
TEL:0244-24-4660
FAX:0244-24-5159
定休日:祝日
営業時間:9:00 ~ 18:00
福島県知事 (7) 1735号
登録許可一般 建築工事業 福島県(般ー2)第25602号

スタッフブログSTAFF BLOG
HOME > ブログ > スタッフブログ > 家づくりの基本を考えてみる

家づくりの基本を考えてみる

平屋という選択肢

家は、土地によって様々な形を想像して建てます。
土地の環境や形によっては、たとえ平屋が建てられても、2階建を建てなければいけない場合もあるでしょう。それらの条件を考えてみて、問題なく平屋が建てられるとしたら、平屋建ての家をオススメします。
耐震性や耐久性、将来性の住みやすさなど、将来のメンテナンスコストにおいても、2階建より優れていることが多いからです。
 

土地神話・南側道路がいいに決まっている!

土地探しをするときに、どの様な条件の土地をおもいうかべますかと質問をすると、きまって、『南側道路との地』という方が多いです。
たしかに、光を阻害するものがないので、一見よさそうに思えます。
しかし、そうだからといって、プランニングで南にリビングを配置して、大きな窓をつくったとしても、そこは外から丸見えになってしまうので、カーテンでその光を遮断してしまうことになります。
 
結果、安定した光が入らずに、どうしても家の奥の方が薄暗くなってしまい、プランニングに失敗したと悔やんでも悔やみきれません。
土地の形状で、南北に長い土地を購入してしまうと、さらに建物が細長くなるので、奥どころか中間付近も光が届きにくくなり、薄暗い家になってしまうのです。
家の中を明るくするために2階建てにして、個室を2階に全て配置することで、出来るだけ光を取り込もうとします。
平屋で住みやすさも、開放感も一切失うことなく、プランニングをするのは至難の業です。
ですから、多くの住宅会社が住みやすさ、使いやすさ、明るさなどを無視したにも等しい様な、ありきたりな2階建を提案せざるを得ないというわけです。
 

プランニングで大事なのはプライバシーの確保と無駄を省く

土地に面した道路や近隣土地からのプライバシーを保ったプランニングをすることが必須となります。家全体が明るくなる様にし、かつ、景観(デザイン)も防犯性もよくなる様にして、家事動線も楽なプランニングを考えていく必要があります。
この考えに基づいた平屋建ての家は、コストを抑える事ができることを知ってください。
また、敷地に無駄な外構工事費をカットすることも可能にするのです。
プライバシーを守れる、平屋建ての家を建てられないかを考えてから、家づくりをしていただければ、きっと満足いく家を、持てる事ができるでしょう。
 

この記事を書いた人

佐久間 岩男

アイリスホームの代表取締役社長であり、同時に「何でもします課」を自ら公言している。実直な性格だが(見かけによらず)同乗者にあたたかい飲み物を事前に用意しているやさしさを併せもっている。南相馬で生まれ南相馬で社長になった南相馬純血。実は24歳から社長業に勤しんでいるので社長歴20年のキャリアをもっている。とても人情豊かな社長である。

人気のあるブログ

©2021 Iris Home.