工務店スタッフブログ

家づくりの基本を考えてみる

平屋という選択肢

家は、土地によって様々な形を想像して建てます。

土地の環境や形によっては、たとえ平屋が建てられても、2階建を建てなければいけない場合もあるでしょう。それらの条件を考えてみて、問題なく平屋が建てられるとしたら、平屋建ての家をオススメします。

耐震性や耐久性、将来性の住みやすさなど、将来のメンテナンスコストにおいても、2階建より優れていることが多いからです。

 

土地神話・南側道路がいいに決まっている!

土地探しをするときに、どの様な条件の土地をおもいうかべますかと質問をすると、きまって、『南側道路との地』という方が多いです。

たしかに、光を阻害するものがないので、一見よさそうに思えます。

しかし、そうだからといって、プランニングで南にリビングを配置して、大きな窓をつくったとしても、そこは外から丸見えになってしまうので、カーテンでその光を遮断してしまうことになります。

 

結果、安定した光が入らずに、どうしても家の奥の方が薄暗くなってしまい、プランニングに失敗したと悔やんでも悔やみきれません。

土地の形状で、南北に長い土地を購入してしまうと、さらに建物が細長くなるので、奥どころか中間付近も光が届きにくくなり、薄暗い家になってしまうのです。

家の中を明るくするために2階建てにして、個室を2階に全て配置することで、出来るだけ光を取り込もうとします。

平屋で住みやすさも、開放感も一切失うことなく、プランニングをするのは至難の業です。

ですから、多くの住宅会社が住みやすさ、使いやすさ、明るさなどを無視したにも等しい様な、ありきたりな2階建を提案せざるを得ないというわけです。

 

1つ1つをよく考えてこれまでの固定概念を捨てる

『全ての居室を南向きにすべきである』という思い込みを多くの方がお持ちの様ですが、果たして、本当にそうすべきなのでしょうか?

もちろん、玄関やお風呂、トイレや収納は直接日光は必要ないのかもしれませんが、寝室には直射日光が必要なのでしょうか?

みなさんんは、一体何時に寝室に行くのでしょうか?

そして、一体何時に起きるのでしょうか?

また、寝る時間以外で、寝室で過ごすことはあるのでしょうか?

子供部屋に関しても、南向きの部屋する必要はあるのでしょうか?

子供達は日中にずっと子供部屋で過ごすのでしょうか?ガンガン直射日光が差し込んでくる部屋で、勉強に集中できるのでしょうか?

子供達が家を出た後、もし収納として使うとしたら日当たりが必要でしょうか?

もちろん、これらの部屋は明るくあるべきなので、光はたくさん差し込む様にすべき部屋ですが、玄関や水回り同様に、南向きに小山だわある必要はないと思えませんでしょうか。

そう考えると、南からの日光を採りこみたい所は、リビングダイニングキッチンと洗濯干し場ぐらいではないのでは?

ただし、これらの場所は日光を採りこみながらも、プライバシーが担保されていることが必須条件となります。

外から丸見えになってしまえば、いこごちが悪くなってしまうし、結局、カーテンが開けられなくなり、薄暗い空間となってしまうのです。洗濯物が丸見えになり、景観と防犯性の両方がものすごく悪くなってしまうからなのです。

 

プランニングで大事なのはプライバシーの確保と無駄を省く

土地に面した道路や近隣土地からのプライバシーを保ったプランニングをすることが必須となります。家全体が明るくなる様にし、かつ、景観(デザイン)も防犯性もよくなる様にして、家事動線も楽なプランニングを考えていく必要があります。

この考えに基づいた平屋建ての家は、コストを抑える事ができることを知ってください。

また、敷地に無駄な外構工事費をカットすることも可能にするのです。

プライバシーを守れる、平屋建ての家を建てられないかを考えてから、家づくりをしていただければ、きっと満足いく家を、持てる事ができるでしょう。

 

下記のボタンからLINE友だち追加 よろしくお願い致します。
友だち追加
佐久間 岩男

代表取締役 社長 佐久間 岩男

アイリスホームの代表取締役社長であり、同時に「何でもします課」を自ら公言している。実直な性格だが(見かけによらず)同乗者にあたたかい飲み物を事前に用意しているやさしさを併せもっている。南相馬で生まれ南相馬で社長になった南相馬純血。実は24歳から社長業に勤しんでいるので社長歴20年のキャリアをもっている。とても人情豊かな社長である。

スタッフからのおすすめ記事