0120-91-3838 〒975-0061
福島県南相馬市原町区大木戸字金場10-1
原ノ町駅よりタクシーで8分
TEL:0244-24-4660
FAX:0244-24-5159
定休日:祝日
営業時間:9:00 ~ 18:00
福島県知事 (7) 1735号
登録許可一般 建築工事業 福島県(般ー2)第25602号

スタッフブログSTAFF BLOG
HOME > ブログ > スタッフブログ > 平屋の間取りで、おしゃれ×住み心地の良さを実現するポイント

平屋の間取りで、おしゃれ×住み心地の良さを実現するポイント

平屋についてのお話

 

■はじめに

おしゃれな平屋が子育て世代に人気です!

平屋といえば、以前は昔ながらの日本の家というイメージが強くありました。

しかし、最近ではおしゃれな平屋が増えたこともあり、若い子育て世代にも人気があります。

ワンフロアで完結し階段での上り下りがないので、2階建ての家に比べて生活がしやすいというイメージをお持ちの方も多いようです。

 

そして、マイホームを考えはじめた方がまず悩むのが、「平屋」か「2階建て」か?ではないでしょうか。どちらを選択されるかで、その後の間取りやデザインの方向性、そして土地選びにも大きく影響しますし、当然一度建てたら変更もできません。マイホーム計画の要であるともいえるでしょう。

 

そこで今回は平屋の間取りを徹底分析!

おしゃれさと住み心地の良さを両立させる間取りづくりのポイントをお伝えします。

 

・おしゃれな平屋に憧れる!

・平屋か2階建て、どちらが良いか迷っている。

・平屋の間取りの住み心地ってどうなの?

 

という方におすすめです。

 

本記事を読めば、おしゃれで住み心地の良い平屋を建てるために知っておきたいポイントが分かり、ご自身やご家族にとってどんな家を選ぶのが最適なのかを把握することができるでしょう。

 

 

■平屋が人気の理由

平屋とは1階建ての家のこと。2階がなく、すべての空間がワンフロアに収まります。

階段の上り下りがなくバリアフリーな間取りにできるため、小さなお子さんから高齢者まで幅広い世代が安心して生活できる点も魅力です。

 

 

そんな平屋、実際に住んでいる方からは、

 

・階段がなく生活がしやすい、小さな子どもがいても安心。

・家族との距離が近くコミュニケーションが取りやすい。

・ワンフロアなので掃除・洗濯などの家事負担が減った!

・中庭や天窓、ウッドデッキを設けた、おしゃれな雰囲気が気に入っている。

 

といったお声があがっています。

 

次からは平屋の間取りを分析し、「住み心地の良さ」と「おしゃれさ」の2つの視点のポイントをご紹介していきます。

 

 

■住み心地の良さのポイント

 

 

①ワンフロアならストレスフリー!効率の良い家事動線。

2階建ての家の場合、1階にリビンングや水回り、2階にバルコニーや寝室・子供部屋を設けるプランが一般的。このプランでは、洗濯や掃除など家事をするにも1日に何度も階段の往復が発生し毎日の負担が大きくなるのも事実。

平屋なら各部屋への移動もスムーズで、コンパクトに効率良く暮らすことができます。家事動線にも優れ、家事の負担も格段に減るでしょう。

毎日の掃除はお掃除ロボットにお任せ!という便利な生活もワンフロアで完結する平屋なら実現できますね。

 

②家族間のコミュニケーションが増える

家族みんなが常に同じフロアで過ごすことになるので、家族の気配をいつでも感じることができます。2階建ての家に比べて顔を合わせる機会も増えるため、自然とコミュニケーションが生まれやすいプランとなります。

そんな平屋の魅力を活かして、家の中央にリビングを設けるプランも人気です。

 

③ライフステージの変化にも柔軟に対応できる

ワンフロアで完結する平屋は、階段での上り下りがなく、小さなお子さんから高齢者まで幅広い世代の方が安心して住むことができます。20~30代で子育てのために建てた家で、老後もバリアフリーで安心して住み続けることができるでしょう。

2階を子ども部屋にする家は多いですが、お子さんが独立した後は部屋をうまく活用できずに物置状態という話もよく聞きます。平屋の家なら空き部屋をリフォームしてリビングを広くしたり、趣味のスペースを作ったり、フロアが分かれていないのでライフステージに合わせて柔軟に間取りを変えやすい点も魅力です。

 

④自然災害に強い

地震や台風による揺れは、建物が高くなる程影響を受けやすく、揺れが大きくなる傾向があります。シンプルな構造で、2階の重量がかからない平屋は、建物自体への負担が軽減されるため一般的に自然災害にも強いと言われています。

 

 ⑤修繕費用を抑えることができる

1階部分しかない平屋は、2階建ての家に比べて外壁のメンテナンスが容易。高所作業も発生しないため足場を組む必要もなく、修繕費用を抑えることができます。新築で建てる際、つい見落としがちな修繕費用ですが、長く住むマイホームだからこそしっかりとチェックしたいところです。

 

 

■おしゃれな平屋をつくるポイント

2階建ての家に比べて設計の自由度が高いところも平屋の魅力。

おしゃれな平屋をつくるポイントとは?

 

 

①ウッドデッキでアウトドアリビングを

リビングから延長するようにウッドデッキを配置すれば、開放的な雰囲気に。天気の良い日は窓を開けて外の空気を感じながらくつろぐのも気持ちが良いでしょう。

お子さんが遊ぶスペース、大人がゆっくり読書を楽しむ、アウトドアリビングのように様々な楽しみ方ができるのも魅力です。

 

②屋根や外壁の素材やデザインにこだわる

屋根を一方向に流れる片流れ屋根にしたり、外壁の一部には木材を使用したり、素材やデザインにこだわることで個性的でデザイン性の高い外観にすることができます。

 

③中庭や天窓、勾配天井で、明るく開放的な空間に

平屋のデメリットの一つが家の中央部が暗くなりがちということ。そこで、家の中央に中庭を設けたり、天井を高くし天窓を設けたりすることで、部屋全体を明るくでき、おしゃれな雰囲気をつくることができます。

また、2階がない平屋は天井の設計の自由度が高くなります。勾配天井を採用すれば天井高も高くでき、コンパクトな平屋でも圧迫感なく開放的な空間に仕上げることが可能です。

 

■平屋の家を建てる時に気をつけた方が良いこと

 

①十分な広さの敷地が必要

用途地域により定められた建ぺい率や容積率の範囲内でしか建物を建てることができません。2階が無い平屋で必要な広さを確保するには十分な広さの敷地が必要に。

 

②坪単価が高くなりやすい

2階建てと比較して、基礎部分や屋根の面積が広くなるため、工事費や材料費の坪単価が高くなる傾向が。しかし、階段室や廊下スペースが不要となり延べ床面積が抑えられるので、建築工事費は安くなることも。

 

③日当たりが悪くなることも

建物の中央に配置された部屋が暗くなりがち。また、周辺が2階建てに囲まれたエリアの場合、採光の確保も難しくなります。建物をコの字型やロの字型にして中庭を設けることで、室内を明るくすることができます。

 

 

■まとめ

おしゃれで住み心地の良い家を建てたい方。

平屋を選べば、理想のマイホームを実現できるかもしれません!

平屋を建てるには十分な広さの敷地を確保することが必要ですが、デザインやプランニングなど工夫次第で様々な可能性が広がりますので、まずは施工会社に相談することをおすすめします。

また、平屋の家の住み心地を体感したいならモデルハウス見学もオススメです。

2階建てと平屋、それぞれのモデルハウスに実際に足を運ぶことで、比較しながら検討することができます。

後悔しないマイホーム計画のために、平屋か2階建てが良いのか?ご家族でもよく話し合ってみてくださいね。

 

■おしゃれな平屋を建てたいなら・・・

建築コストを抑えたデザイナーズ住宅「SIMPLE NOTE

 

 

おしゃれな平屋の家を建てたいという方へオススメなのが、「SIMPLE NOTE」です。

SIMPLE NOTEとは、1000万円台で叶う高性能デザイナーズ住宅。

 

・洗練されたデザイナーズ住宅

・合理的な設計がもたらす高性能住宅

・子育てママの家事をラクにする思いやりの家

・家族の安全やプライバシーを守る防犯住宅

・無駄なコストを省いた賢い家

・人に自慢したくなるようなセンスの良い個性的な家

 

といった特徴がある住宅です。

 

 

SIMPLE NOTEについて詳しく知りたい方は資料請求をお願いします。

 

︎SIMPLE NOTE 【ご紹介ページ】はこちらから  

︎SIMPLE NOTE 【資料請求】はこちらから  

※ご相談内容に『simple noteカタログ希望』とご記入をお願いします。

この記事を書いた人

佐久間 岩男

アイリスホームの代表取締役社長であり、同時に「何でもします課」を自ら公言している。実直な性格だが(見かけによらず)同乗者にあたたかい飲み物を事前に用意しているやさしさを併せもっている。南相馬で生まれ南相馬で社長になった南相馬純血。実は24歳から社長業に勤しんでいるので社長歴20年のキャリアをもっている。とても人情豊かな社長である。

人気のあるブログ

©2021 Iris Home.