0120-91-3838 〒975-0061
福島県南相馬市原町区大木戸字金場10-1
原ノ町駅よりタクシーで8分
TEL:0244-24-4660
FAX:0244-24-5159
定休日:祝日
営業時間:9:00 ~ 18:00
福島県知事 (7) 1735号
登録許可一般 建築工事業 福島県(般ー2)第25602号

スタッフブログSTAFF BLOG
HOME > ブログ > スタッフブログ > 奥さま憧れのアイランドキッチン「使い勝手はどう?」を検証!

奥さま憧れのアイランドキッチン「使い勝手はどう?」を検証!

「アイランドキッチン」といえば開放的でオシャレなイメージがあり、

お料理好きな方なら誰もが一度は憧れるのではないでしょうか?

アイランドキッチンは近年人気の高まっている住宅設備のひとつです!

しかし、そんな人気のアイランドキッチンにもデメリットはあります。

これからアイランドキッチンの導入を考えている方は、メリットだけでなくデメリットも把握しておくことが大切です!

今回は、アイランドキッチンのデメリットと、アイランドキッチンデメリット対策について検証してみました!

 

【アイランドキッチンとは】

「アイランド=島」という言葉のとおり、

シンクや調理スペースなどが「島」のように独立しているタイプのキッチンのことです。

キッチンに立つと、ちょうどリビングやダイニングと

向かい合うような形になる「対面型キッチン」のひとつです。

特に、壁に接地する部分が全くない点こそアイランドキッチンの最大の特徴です。

オシャレで開放的なアイランドキッチンは、料理好きな方を中心に人気のあるキッチンですが

「こんなはずじゃ…」とならないためにも、採用前にメリットだけじゃなくデメリットも知ったうえで、対策を検討しましょう!

対面型キッチンには、その他にペニンシュラ(半島)型やI型、セパレート型やL型と呼ばれるタイプもあります。

 

【アイランドキッチンのメリット】

メリット:①コミュニケーションを取りやすい

キッチン対面に遮るものがないため、リビングにいる家族や来客とコミュニケーションを取りながら調理や片付けをすることができる。

また、小さなお子様の様子を見ながら調理できる点も安心!

メリット:②複数人で調理ができる

キッチンの四方全てから調理や配膳を行えるので、複数人で調理をする時に便利。

家族がお手伝いしやすいこともメリット◎

ホームパーティーなどが好きな方にもおすすめ!

メリット:③開放感がある

壁も仕切りもないため、光や視線を遮られることなく開放感あふれるLDK空間が演出できる!

メリット:④レイアウトの自由度が高い

キッチンとダイニングテーブルをくっつけたり

ダイニング側をカウンターや収納・飾り棚にしてみたり。

間取りや使い勝手など、自分の好みやスタイルに合わせて、様々な仕様設計が可能◎

 

【アイランドキッチンのデメリット】

デメリット:①広いスペースが必要

壁から離して作るため、両サイドにも通路スペースが必要になり、

場合によってはキッチンもしくはリビングが窮屈になってしまうことも…

デメリット:②臭いが拡散しやすい

開放的な分、臭いや煙が部屋中に拡散しやすい

特にIHクッキングヒーターはガスコンロに比べて上昇気流が弱く、換気扇を回していても

臭いや煙を全ては吸い取りにくく、周囲に広がりやすい

デメリット:③汚れが飛び散りやすい

壁がない分、油ハネや水ハネなど、汚れが周囲に飛び散りやすい

デメリット:④キッチンが丸見えに

開放的な分、散らかったり汚れているとダイニングや

リビングから見えてしまうため、急な来客に慌てることも!

 

【デメリット対策】

①広いスペースが必要

スペースに余裕がないときは…

→小さめサイズのアイランドキッチンを採用する

→片側が壁に接するペニンシュラキッチンにする

②臭いが拡散しやすい

→窓の配置の工夫や、高性能な換気扇の設置など、換気しやすい環境作りを心がける

→リビング・ダイニング側でも、空気清浄機の設置や消臭機能付き壁紙を採用する

③汚れが飛び散りやすい

→水ハネしにくいシンク、お手入れが楽なIHコンロやキッチン台を採用する

→コンロ前にオイルガードやガラスパネルを設けたりキッチン周りの床材をタイルなどのお手入れしやすい仕様にする

④キッチンが丸見えに

→立ち上がりカウンターを設置したり、腰壁でキッチンを囲って目隠しする

(キッチンを囲んでの作業はしにくくなる)

 

【その他の注意点】

◆コンセントの配置場所は事前に確認!

アイランドキッチンは壁から少し距離があるため、コンセントの配置は設計段階で確認が必要!

キッチンに電子レンジなどの家電を置く場合

置き場所を踏まえたコンセントの位置や数、どのくらいの容量が必要かを事前に考えておく

◆通路の幅に注意!

キッチン本体とその背面の通路幅は、動線に大きな

影響があるため、どのぐらいの通路幅が適当か確認が必要!

また、アイランドキッチン背面に冷蔵庫を置く場合には

今後交換する時のことも考え、冷蔵庫を運び込めるだけの通路幅の確保が必要!

キッチンは毎日使う場所だからこそ、使い勝手の良さやデザイン性にこだわりたいものですね。

 

オシャレで人気のアイランドキッチンも、メリットとデメリットの両方を考慮のうえ、生活スタイルに合ったキッチンを選んでいただけたらと思います!

家づくりにおいて判断に迷ってしまうこと・わからないことがあれば、お気軽にご相談ください!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

佐久間 岩男

アイリスホームの代表取締役社長であり、同時に「何でもします課」を自ら公言している。実直な性格だが(見かけによらず)同乗者にあたたかい飲み物を事前に用意しているやさしさを併せもっている。南相馬で生まれ南相馬で社長になった南相馬純血。実は24歳から社長業に勤しんでいるので社長歴20年のキャリアをもっている。とても人情豊かな社長である。

人気のあるブログ

©2021 Iris Home.