tab tab
  • 2020.09.30

    浪江町現場レポート

    皆さんこんにはアイリスホームの三階です。
    浪江町K様邸は台風前に基礎工事が完了し、浪江町K様邸は台風前に基礎工事が完了し、本日無事建て方となりました。
    「秋空の建て方日和」
    女心と秋の空とよく例えられますがしばらく天気が良いようです。
    今年の十五夜は明日10月1日です。天気が良いと綺麗なお月様が見れるといいなぁ~

    阿吽の呼吸でどんどん進む現場

    アイリスホームの建て方は大工さんが集合します。
    大工さんの粋な職人魂が募る日です。
    雨の多い時期や台風時期の秋は、いつもより大工さんの粋な職人魂が燃えるのです。
    1階の柱をパタパタ建て込み、次は2階床組、梁を入れ小梁を入れる。
    床の構造用合板を貼り、2階の柱を並べ2階の梁を組み小梁を入れる。
    あーっという間に午前中で2階まで建て上がります。
     

    下げ振り出場!

    2階の床や柱の材料を準備している間に、棟梁が下げ振りを柱に掲げチェック中
    そう。
    これは建物にとても重要な事なんです。
    この下げ振りを使用し、建物が曲がっていないかチェックをします。
    下にある窓から全体のゆがみを見て斜めの棒で押したり引いたりし、建物のゆがみを調整し、仮筋交いを固定していきます。
    山側に。海側に。と2階の梁の通りも確認しながら行います。
    ※建築用語で言うと「屋直し」建物を水平・垂直に直す作業です。
     

    祝上棟

    午後からは小屋を組み始め、3時前には祝棟上げです。
    その後は小屋廻りの屋直しをして本日の作業は終了です。
    天候等も考え、敷地内の材料を整理すると夕方になります。
    息の合った大工さんのチームワークで今回も無事上棟となりました。
     

    この記事を書いた人
    三階 真紀

     三階 真紀

    間取り・外観・内観イメージなどCADを操り自由自在に作成します。 社内の仕事を多岐にわたりこなすパワフルウーマン。北海道生まれだという説もある◎

人気のあるブログ

PAGE TOP