注文住宅レポートREPORT
HOME > ブログ > 注文住宅レポート > 二種類の外壁材×回遊導線のある平屋の住まい

二種類の外壁材×回遊導線のある平屋の住まい

構造 木造
階数 1階建て(平屋)
間取り 4LDK+中庭
敷地面積 288.42㎡(87.24坪)
延床面積 102.5 ㎡(31 坪)

二種類の外壁材×回遊導線のある平屋の住まいのポイント

・ガルバとソリドの2種類のい素材を使用した外壁

・ルーバー材で造作したこだわりの外収納

・玄関→SCL→パントリー→キッチンが繋がる「ただいま動線」

・生活感を感じないスッキリとした空間のキッチン

・こだわり詰まった洗面化粧台

・枠がなく収まり綺麗なフルハイトドア

・ムダな廊下のない暮らし

・リビングと中庭が繋がる暮らし

 

 

ガルバとソリドの二種類の外壁材を使用した外壁

ガルバリウム剛板(カラー:マットブラック)とSOLIDO(カラー:セメント)の2種類の外壁素材を使用しています。

ガルバリウム剛板は、耐食性に優れ、錆びにくい特性があり、長期間のメンテナンスが不要で、外壁の美観を保つことができます。また、マットブラックのカラーは、モダンでシックな外観を演出し、シンプルで洗練されたデザインは、多くのお客様に好まれています。

SOLIDOは、自然な風合いを持ち、建物全体に温かみを与えます。モダンな外観とともに、自然と調和するデザインが可能です。

この2種類の異素材を組み合わせることで、見た目のアクセントになるのはもちろんのこと、耐久性も向上し、同時に環境へも配慮した外壁とも言えます。

また、道路面に接している正面から見ると、窓がありません。窓がないことによってよりシンプルでモダンな外観になりますが、その他にもメリットがあります。

外壁に窓がない場合、通行人や近隣の建物からの視線を遮ることができ、プライバシーの確保や防犯性の向上によって、ご家族が快適に生活できます。

 

 

ルーバー材で造作したこだわりの外収納


建物に入る左手には、ルーバー材で外収納を造作しています。キャンプ道具や大きめの荷物、季節用品や庭具、ホビー用具などを家の中に入れずに収納できます。

 

玄関入ってすぐに開放的な中庭

ほとんど窓がない外観からは、想像もできないほど明るい玄関が目の前に現れます。

玄関に入って正面には中庭からの光を取り込む大きなFIX窓が設置されています。これにより、日中は電気を付けずとも、明るく開放的な玄関となっています。

 

奥様のただいま動線


玄関に入って左側には、買ったものが楽々収納しやすいように考え尽くされた回遊動線があります。玄関→SCL→パントリー→キッチンが繋がっています。

日常生活での使い勝手が非常に良く、多くのお客様が希望される間取りです。外から帰ってきた際に靴やコートを収納できるSCL。さらに、パントリーから直接キッチンへ行けるため、食料品の収納や調理準備がスムーズに行えます。また、廊下が少なくなることで、コンパクトに設計できるため、スペースを効率活用できます。

 

家族との時間を共有できるペニンシュラキッチン


開放的なペニンシュラキッチンは料理をしながら、調理中でもリビングにいる子供たちの様子を見守ったり、家族とコミュニケーションが取りやすいです。

また、キッチンと横にダイニングテーブルが繋がって配置されているので、食事の準備や片付けがスムーズに行えます。料理をしたまま食事をとり、その後はすぐに片付けることができます。食事だけでなく、家族の集まりやパーティーなどのイベントにも活用できることもメリットです。

 

梁あらわし天井のあるシックにまとめられたリビング


シックにまとめられた落ち着いた印象のリビング。壁や床面は白を基調とし、黒とグレーでまとめられたあらわし梁、間接照明と合わせも細部までこだわりを詰め込んでいます。

床材にはパワフルフロアーのオニキス柄を採用しています。木目や大理石の風合や質感そのままに、滑りにくかったり、汚れにくかったりと、キズ、水にも強い機能性をプラスした素材となっています。モダンで清潔な印象で、独特の斑模様が飽きのこない表情を創り出します。

 

将来的に仕切りもできる広々とした子供部屋


こちらの部屋はあえて大きな1つの部屋を作ることで、将来的に真ん中で仕切って2つの子供部屋として活用することもできます。

子供が幼い頃は1つの部屋で過ごし、大きくなるにつれてそれぞれのプライベートを重視して部屋を分けることができます。

また、子供が大きくなった後にはまた1つの部屋に戻して趣味部屋などその時々に合わせた間取りに対応できます。

 

 

回遊できるファミリークローゼット


ファミリークローゼットは、ほぼ家の中心に位置づけられて、洗面所に近いのはもちろんのこと、子供部屋や中庭からも近く、回遊ができるようになっているのも特徴的です。

家族の収納を一ヶ所にまとめることによって、洗濯物を収納する手間も省けて、かなり家事が快適になりそうです。

 

こだわり詰まった洗面化粧台

洗面化粧台はアイカ工業製の横幅約2m近くもあり、朝の忙しい時間も家族が横に並んで支度ができます。右手にはニッチがあり、普段よく使用するハミガキや洗面アイテムなどが見えてもスッキリする見た目になっています。

最近ではこちらの住まいのように、お客様ごとの要望に合わせた造作洗面台が多くなっていますので、ご希望の方はぜひアイリスホームまでお声掛けください。

 

ウッドデッキのある中庭


中庭はリビングなど居住空間とつながるプライベートな庭として、安心してくつろげるスペース。リビングとつながっていることでより家全体が開放的に感じるようです。

お子さんの外遊びのスペースとしてはもちろん、BBQや趣味など様々な使い方ができるのが魅力です。

 

・周囲の目を気にせずにDIYやバーベキューを楽しみたい

・安心できる子どもの外遊びスペースが欲しい

・周囲を建物で囲まれた立地、それでも採光や通風を確保した家をつくりたい

・明るく開放的な平屋に住みたい

中庭のある暮らしは、一般的な家とは違う魅力があり、おうち時間が更に充実することは間違いありません。

 

 

まとめ


今回はガルバとソリドの2種類の外壁材を使用した回遊導線のなる平屋の住まいをご紹介いたしました。

多くの方が憧れる玄関→SCL→パントリー→キッチンが繋がる「ただいま動線」が叶えられた回遊導線で、家事が快適になること間違いなし。

 

実例の写真集はこちらをご覧ください!

 

 

アイリスホームは『家族が安らぐ一番安心できるところ』を軸に、素材や住宅性能にもこだわり、地元である福島県の浜通りの環境に適したフルオーダーの住宅をご提供しております。

また、お客様にとってはお引渡後がスタートだと思いますので、10年後、20年後を見据えた家づくり、サポートをお約束致します。

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

この記事を書いた人

佐久間 岩男

アイリスホームの代表取締役社長であり、同時に「何でもします課」を自ら公言している。実直な性格だが(見かけによらず)同乗者にあたたかい飲み物を事前に用意しているやさしさを併せもっている。南相馬で生まれ南相馬で社長になった南相馬純血。実は24歳から社長業に勤しんでいるので社長歴20年のキャリアをもっている。とても人情豊かな社長である。

人気のあるブログ