0120-91-3838 〒975-0061
福島県南相馬市原町区大木戸字金場10-1
原ノ町駅よりタクシーで8分
TEL:0244-24-4660
FAX:0244-24-5159
定休日:祝日
営業時間:9:00 ~ 18:00
福島県知事 (7) 1735号
登録許可一般 建築工事業 福島県(般ー2)第25602号

スタッフブログSTAFF BLOG
HOME > ブログ > スタッフブログ > 造作洗面台を採用して後悔!?知っておきたいデメリットや費用を解説

造作洗面台を採用して後悔!?知っておきたいデメリットや費用を解説

はじめに

おしゃれな造作洗面台に憧れを持っている方も多いのではないでしょうか?

 

タイルを壁に貼ったり、デザイン性の高い洗面ボウルを採用することで、オリジナリティのある素敵な洗面台ができますよね。

 

おしゃれな洗面台なら、玄関やリビングから良く見える位置に配置しても問題ありません。

 

メリットばかりに思える造作洗面台ですが、実は採用して後悔している方もいます。

 

今回は造作洗面台のデメリットや費用についてお伝えしますので、採用を決める前にチェックしておきましょう。

 

造作洗面台のデメリット

では、造作洗面台の4つのデメリットをお伝えします。

 

  • 費用が高くなる場合がある
  • 既製品と比べて機能性が落ちることがある
  • お手入れが大変になる可能性も
  • 保証がつかないことがある

 

1つずつ確認していきましょう。

 

費用が高くなる場合がある

造作洗面台を採用すると、既製品の洗面台と比べて費用が高くなることがあります。

詳しい金額については後程お伝えしますが、数万~数十万円単位で追加になるケースがほとんどです。

 

造作洗面台は自分で選べる範囲が広がる分、こだわると費用がかかりやすいというデメリットがあります。

細かな見積もりを出してもらい、納得した上で採用を決めましょう。

 

既製品と比べて機能性が落ちることがある

デザイン面を重視して選んだ造作洗面台は、既製品と比べて機能性が落ちることがあります。

 

実際に造作洗面台を採用した家庭で、次のような後悔の声がありました。

 

  • エコ機能のない水栓を選んでしまって後悔
  • シャワーホースが伸びない水栓で使いにくい
  • 洗面ボウルが小さくて浅いので水が跳ねる
  • 洗面台に収納が無くて物が溢れている

 

洗面台は毎日使う設備ですので、使い勝手は非常に大切ですよね。

しかし、造作洗面台の部品はカタログのみで確認し、実物を見ないというケースも多いです。

 

できるだけ実物を見て、使い勝手を確認することをおすすめします。

確認できない場合は、詳しい仕様やサイズなどがわかるような資料を貰うようにしましょう。

 

お手入れが大変になる可能性も

造作洗面台を選んだ方の意見で、お手入れが大変だったという声も多くありました。

 

具体的な声を紹介します。

 

  • タイルを採用したら目地の汚れが気になる
  • 木製のカウンターはすぐに拭かないとシミになる
  • 凹凸感のあるボウルにしたら、ボウル内の溝に汚れが溜まる

 

選ぶものによっては、お手入れが大変になりそうですね。

 

既製品の洗面台は使い勝手やお手入れの楽さに特化しています。

そのため、既製品の洗面台に慣れていると、造作洗面台のお手入れが大変に感じることもあるようです。

 

造作洗面台を採用するなら、お手入れのしやすさにも目を向けて採用する部材を選ぶといいでしょう。

 

保証がつかないことがある

造作洗面台は保証がつかないことがあります。

なぜなら、造作洗面台は数社のメーカーの部品を集めて施工することが多いからです。

 

ボウル・カウンター・配管など様々な部品がありますからね。

すべて同じメーカーの中から選べればいいですが、バラバラになるケースがほとんどです。

 

そのため、既製品の洗面台のように、1社のメーカーが洗面台の保証をしてくれるという訳にはいきません。

 

バラバラのメーカーの部品を使うと、アクシデントが起きたときの連絡先に困ってしまったり、業者の対応が遅くなることもあります。

 

また、部品同士の相性が悪くて、故障では無くても不具合が起こる可能性もあるでしょう。

 

このようなデメリットを理解した上で、造作洗面台を採用するのか検討してください。

 

造作洗面台にかかる費用は?

では、造作洗面台にかかる費用について解説します。

 

前提として、洗面化粧台は好きな部材を組み合わせられるので、明確にいくらとお伝えすることはできません。

こだわればどんどん金額は上がっていきますからね。

 

一般的な金額をお伝えすると、20~30万円くらいの予算で造作洗面台を作る方が多いです。

20~30万円あれば、必要な部材を一式揃えることができるでしょう。

 

しかし、造作洗面台にここまでの予算を確保できないという方もいますよね。

「少しの追加費用で、洗面台にオリジナリティを出したい」という方におすすめなのが、既製品の洗面台に+αの工夫をすることです。

 

次のような工夫をするだけでも、洗面台の雰囲気を変えることができるでしょう。

 

  • 洗面台の周りにアクセントクロスやタイルを施工する
  • オシャレなタオルリングや照明を取り付ける
  • 鏡だけを好きなデザインに替える

 

すべて数千~数万円で施工可能ですので、手軽に採用できそうですね。

 

予算に合わせて洗面台にこだわりを取り入れてみましょう。

 

おわりに

造作洗面台はマイホームをよりオシャレな空間にすることができます。

毎日使う空間のため、お気に入りの洗面台を採用すれば気分も上がりますよね。

 

しかし、注意点やデメリットもたくさんあります。

デザイン性だけでなく機能性やお手入れにも配慮して、採用するものを選んでみてください。

 

自分の好みに合った洗面台を選んで、素敵なマイホームを完成させましょう。

 

 

この記事を書いた人

佐久間 岩男

アイリスホームの代表取締役社長であり、同時に「何でもします課」を自ら公言している。実直な性格だが(見かけによらず)同乗者にあたたかい飲み物を事前に用意しているやさしさを併せもっている。南相馬で生まれ南相馬で社長になった南相馬純血。実は24歳から社長業に勤しんでいるので社長歴20年のキャリアをもっている。とても人情豊かな社長である。

人気のあるブログ

©2021 Iris Home.